REAL×WEB ハイブリッドクロスマーケティング

はじめまして!浦田です。

はじめまして!浦田です。



なぜ、ビジネスでずぶの素人の男がたった一年で地域NO1になれたのか?


あなたのお店がライバルを一瞬で抜き去る、たったひとつのポイントとは?

From:浦田かずたか

浦田雄敬



こんにちは。

キノシタケンゴ運営事務局:浦田と申します。



これから皆様にとって為になるコンテンツを届けていければと思っています。

飲食店の経営はしたことがありませんが、お客様を集客するマーケティングは共通のテーマです。

なので、きっとあなたの役にたつと思いますよ!


ていうかお前だれ?

僕はケンゴさんと出会って、ビジネスをスタートさせました。まだまだ小さいビジネスですが、、、iPhone片手にカラダひとつで始めたビジネスが、サラリーマンを辞めて独立。今では事務所を構えて従業員も雇えるようになりました。



僕のビジネスは出会いマッチングビジネスです。いわゆる婚活パーティーなんかの主催運営が主な事業です。だいたい月に13回から15回の開催ですね。



そんな感じで男女の恋愛・結婚のお手伝いをしている。キューピッドなんです。



まあカンタンにまとめますとケンゴさんと出会って、ビジネスを学び、実践している一人の男です。(ひとまずの目標は年商一億です。)


キノシタケンゴから教えてもらった『No1戦略』

ケンゴさんから教えてもらったことは沢山あるんですが、これが一番でかいんじゃないかな?

「まずは地域でNo1になれ。」

というアドバイスです。



日本で一番高い山は?富士山ですよね。じゃあ二番目は?

・・・?



そういうことです。消費者は一番しか覚えていないし、そのマーケットの一番になればその他大勢の競合をダントツで引き離せる。



「まずは地域でNO1になったほうが楽だよ。あとはなんとかなるからさ。」

なるほど、じゃあ一番を目指せばいいんだなと。その為に僕はマーケティングを学び始めました。


起業家最大の間違い

それは、『いい商品をつくればお客さんが評価して勝手に売れていく。』ということ。



よし!いい商品ができた!リリースするぞ!
 ↓
あれ?売れないなあ。なんでだろう
 ↓
うちの商品が良くないせいだ。もっとクオリティを上げよう。



 * * *



それは大間違いです。



商品が売れない3大理由。

1:あなたの商品を知らない。
2:欲しくない。
3:あなたから買う理由がわからない。

つまり、まずはあなたの商品をもっと世間にアピールしなければいけないんです。


社長の仕事は?

「事業の目的はたった二つ。顧客を獲得して、顧客を維持する事。」

ピーター・ドラッカーも言っている通り、
ビジネスの目的はこの2つしかありません。



社長の仕事はずばりマーケティング。

そして僕は年商1億までマーケティングしかしないつもりです。(他の作業はなるべく従業員に振って、自分の時間を確保しています。)



なぜか?



だって新規のお客様を獲得出来なければ、会社はあっというまに倒産してしまうから。逆に新規が獲得できれば商品のクオリティも上げれる。カスタマーサポートも厚く出来る。広告費に投資してレバレッジをかけることだって出来る。



「うちは紹介客がメインです。」
そんな会社も沢山あるけど、紹介をもらうには新規がいなけりゃ始まらない。



お客様の獲得の前にクオリティアップなんてしなくても、お客様を獲得したあとにフィードバックを得て改良したほうが絶対に良い!なぜって売り手のエゴじゃなくお客様中心だから外すことがまずない。



僕が一年で地域ナンバーワンになれた理由はマーケティングにフォーカスしたから。それだけです。ライバルが商品を改良しているのを横目に、僕はゴリゴリ新規を獲得していきました。



ただひたすら、、
新規を獲得するにはどうしたらいいんだろう?
リピートしてもらうにはどうしたらいいんだろう?
口コミでお友達を連れてきてくれるにはどうしたらいいんだろう?



そんな事をずっと考えて生活してました。(もちろん今でも!)



【注意!】勘違いしないでくださいね。商品のクオリティアップも接客向上も、社員のマネジメントも、もちろん必要です。持てる時間とエネルギーの80%をマーケティングに費やすべきという意味です。


あんたのところで使えたノウハウでしょ?うちには関係ないね。

本当にそうでしょうか?



僕のマーケットは婚活市場です。が婚活の集客ノウハウなんてどこにもなかったです。(もちろん今もないでしょう・・・)しかたなく他の業種のマーケティングノウハウを学んで、婚活市場にあてはめて実践しています。で、気づいたんです。マーケティングは人間の行動心理だから、どのビジネスでも原理原則は同じ。だってね。



このようなマーケティングノウハウは知りたくない?


  • たとえば、アメブロマーケティング。見込み客がしりたいコンテンツを記事にして、見込み客がたくさんいそうなコミュニティに入って、挨拶をしてブログに遊びにきてもらう。そして欲しい!と思う人だけ購入していく。

どうですか?飲食店でも活用できないでしょうか?


  • たとえば、口コミマーケティング。お友達紹介キャンペーンをやってお友達を連れてきてもらう。これも使えますよね?(紹介客はいいお客様がほとんどですね)


  • たとえば、メルマガマーケティング。プレゼントをオファーにメールアドレスを登録してもらって、次回のお得情報を流していく。これは広告費0円の最高のマーケティングです。ぜひ実践してみてくださいね!


  • たとえば、お誕生日DM。誕生月に直筆のバースデイカードが届くとお客さんは喜びませんか?あのお店はここまでしてくれるんだ!そして一気にあなたの会社のファンになると思いませんか?


  • たとえば、ニュースレターを発行して、あなたの会社のファンクラブをつくる方法。(〇〇通信、〇〇新聞ってやつです。ダサいですが、人間味があって喜ばれますよ!僕もニュースレターは大好きです!)


  • たとえば、Facebookを使って広告費0円で集客する方法。飲食店の方はまだまだfacebook活用がヌルいですね。(もしかして長崎だけ?!)

・・・などなど他にももっとありますよ。



もちろん全部をする必要なんてないんです。一つか二つ極めればザクザクお客さんが集まります!注文が入る度にあなたの通帳残高が膨らんでいく。毎月毎月右肩上がりで売上が上がっていく。どうですか、ワクワクしませんか?


ライバルがやっていないことを恐れずにやる

そして、僕が見る限りマーケティングをきっちり実践出来ているところなんて本当少ない。よかったら周りの経営者にこんな質問をしてみてください。



どうやって新規とってるんですか?
毎月何人の見込み客獲得が目標ですか?
購入にいたるまでどんな情報を提供してます?
バックエンドは?
LTVを上げるためにどのような事を意識されてますか?



おそらく、
「は?なに言ってんの?」という顔をされるか、「うちは商品が良いから口コミで売れてるんや!」とドヤ顔をされるかです。(ちなみに、、、儲かっている会社は色々とマーケティングの秘密がありますよ。)



つまり、マーケティングを学んで実践すれば、あなたも地域でNO1になれる!という事です。



ということで、これから僕はマーケティング。コピーライティング。を中心にコンテンツを投稿していきます。



これからよろしくお願いしますね。





社長!あなたの仕事はマーケティングです!





ー 浦田雄敬





PS
カフェに特化したマーケティングを知りたい?・・・だったらこのセミナーがドンピシャです。
http://kengo.tv/index.php?hiketu



Tag: 浦田 マーケティング

コメント

  • いいんじゃないでしょうか!

    いんじゃないでしょうか!面白く記事を読ませてもらいました。
    私と記事を書いてくれた浦田くん(普段はウラッチと俺は呼んでいます)

    ということで、ウラッチとの出会いは、自分のカフェにお客さんとして訪れていた数年前からの付き合いです。
    第一印象は、真面目そうだけど、裏がありそうな、よくわからない若者という印象でした。
    まぁ、別段いい印象でもなかったですが、俺の話に聞き入る姿勢と、ビジネスに対する貪欲な嗅覚は強いヤツだなと思いましたね。
    その部分では、100人中上位の感覚を持っていると思います。


    そして、重要なのはそこなのです。

    誰しも、10人中、1位2位をとれそうな、得意分野というものはあるものです。
    そこをとにかく伸ばす!
    これができたら、成功しやすい訳ですね。
    1万人中1位をとる必要は、最初はないわけです。
    10人の中で上位をとれる、得意なもの興味のあるものを伸ばす事が、ビジネスの鉄則なんですね。

    そしてそれを研ぎすまして行く、そしてそれが出来るのが、ウラッチだと思います。
    今後、十分活躍していくことが予想されます。
    まぁ、俺も期待していますよ。
    文中に年商1億と書いてありましたが、多分そこは可能です。
    そこまでのステージは、立てる逸材だと思います。頑張ってください。

    みなさんもウラッチの記事を読んで、参考にするその価値は。おおいにあることをここに俺も約束いたします。
    なんか、えらそうに書いてしまいましたが、ホント最初から見てるので、まぁ後輩もしくは、弟子みたいな感情があるので、俺も追い越されないように、気を引き締めていきたいと思っています。




認証コード7236

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional