REAL×WEB ハイブリッドクロスマーケティング

真面目にやればカフェは儲かる?

真面目にやればカフェは儲かる?

みなさんこんにちは!
カフェ開業コンサルタント~キノシタケンゴです。

タイトルは、真面目にやればカフェは儲かる?です。
みなさんは、どう思われますか?

美味しいケーキもあるし、コーヒーもこだわっている。雰囲気もいい、絶対にお客さんは来るはずだ。

そう思って、日夜カフェを真面目に朝から晩までやっている人がいます。それでも、お客さんは来ない。

お客は何を考えているんだ?
うちが1番材料にこだわって、手間ひま掛けて料理を作っているのに、なぜだ?

それに比べ、よそのカフェは、出来合いものばかりで、全然料理も美味しくないのに、うちより繁盛しているなんておかしい!

お客は、本当に何もわかっていない。うちのカフェの良さが全くわかってないんだから。今の若い人たちはファーストフードばかり食べて、味覚がおかしくなっているんだな。

といった嘆きを同業者から聞いたことがあります。
少なからず私もそういう心情に落ち入った経験があります。

こういったことが、実際に起こっているのが、今の世の中なのです。商品やサービスに自信があるからこそ、集客を怠ってしまうのです。

作れば売れるような時代は終わったともいえます。

自慢できる美味しいものを用意して、さらに集客まで考えることが、これからの時代に必要なスキルとなってきました。

それはお客さんに理解されるまでに、自分のカフェが潰れてしまうなんて悲劇を起こさない為です。

ということは、美味しい料理を用意するのと同じように、いかにお客さんを呼び込むのか、その集客術も学ばないといけません。

世の中をちょっと見まわしてください。真面目にやっているだけで儲かっているお店がどのぐらいあるでしょうか?

たいした商品やサービスではないのに、儲かっているお店を見かけたことはないですか?

これは、商品やサービスがいいからこそ、落ち入ってしまう罠です。

いいものは黙っていても売れる!

そうでしょうか?

実際には、商品はそこそこだからこそ、逆に集客や販売戦略に努力をを傾け、稼いでいるお店が多数あるのです。

最近、テレビで多く放送される、健康飲料やサプリメント。そんなに身体に良いのでしょうか?

あれは、商品よりも売り方、集客、囲い込みが優れているんです。
だから商品はコロコロ変わります。極端な話、なんだっていいんです。

そういう所が荒稼ぎです!
じゃあ、真面目な私達は、どうすればいいのか?

ということで、次回に続きます。

今は仕事で博多へ向かってます。
明日は、長崎市内で昼から会議です。

http://stat.ameba.jp/user_images/20120905/12/cafe-consultant/37/53/j/o0480048012172968109.jpg

写真は、うちのカフェのチョコバナナパフェ。自家製チョコケーキをドカンとのせた所が、お客さんに人気です!

では、また

コメント



認証コード5109

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional